平成30年10月の句

  • 茸飯 小さき暮らし 満たさるる

    り子

  • 秋夕焼 うつし世染めし 吾も染むる

    光子

  • 雨風に 耐えて鮮やか 萩咲けり

    モトヱ

  • 一人居に 灯火親しく 意のままに

    てい

  • 天空に 何か良き事 ある秋ぞ

    榮子

  • コスモスの あと幾日の 彩にさく

    喜司子

  • 中秋の 蝦夷地を揺する 目覚かな

    日出子

  • 停電の 村ひっそりと 朝寒し

    宣男

平成30年9月の句

  • 秋風や 米寿の年の 集大成

    和雄

  • 祭り気分 バンド飛び出す 誕生会

    宣男

  • 身に入むや 北斎の波 今も濃く

    光子

  • 野草にも 秋日差し分け へだてなく

    モトヱ

  • 新そばを 昔なじみと 啜りけり

    てい

  • 紅指して 待ちくたびれて 一人秋

    榮子

  • 望郷の 想ひいえぬや 終戦日

    喜司子

  • しあわせと 思ふ夜長や 日記書

    日出子

  • くほどに 愛でるとなりの 秋桜

    り子

平成30年8月の句

  • 初なすび 刺やわらかき 朝の畑

    光子

  • 引き返し 又おしゃべりの 夕涼み

    宣男

  • 蟻の城 またいで歩く 散歩道

    モトヱ

  • 黄昏れて ゆく紫陽花の しずかなり

    てい

  • 野も山も 色も気儘に 風の秋

    榮子

  • 連山の 夕映えつなぐ 夏の雲

    喜司子

  • お代わりは 抹茶の香り かき氷

    日出子

  • 手抜きには あらず夕餉 の冷奴

    り子

平成30年7月の句

  • 緑陰を ふたりの媼 去りがたし

    り子

  • 風に耐え 茎しなやかに 牡丹咲く

    日出子

  • 腹八分 九分にて生きて 竹の秋

    喜司子

  • 五月雨や 惑う心に 添う如し

    榮子

  • 青林檎 酸味なつかし 里の味

    てい

  • 艶やかな 花のジュウタン 絵のように

    モトヱ

  • プレゼント 貰う父の日 父想ふ

    宣男

平成30年6月の句

  • 切株に 座せば蚯蚓 池の辺りに

    り子

  • 山独活の 香り客呼び 道の駅

    日出子

  • 今生の 花かも知れず 愛しめり

    喜司子

  • ポケットに 諸事情詰めて 花の宴

    榮子

  • 青梅酒 飲む楽しみの 琥珀色

    てい

  • 山並みの 新緑深き ぬける空

    モトヱ

  • 抱き合って 百四十年 菊子桜

    宣男

平成30年5月の句

  • 戦士跡 のごと倒木の 五月闇

    光子

  • 手のひらに 磯の香りや 春の海

    り子

  • 種植へて 余生の心 膨らみぬ

    日出子

  • 番鳥 仲むつまじく 春の暮

    榮子

  • 菜園の ハウスに白き 花いちご

    てい

  • 住みついた 里の人皆 あたたかく

    京子

  • せせらぎに 肩寄せ合って 水芭蕉

    宣男

  • あの山に 父母の在します 朝桜

    喜司子

平成30年4月の句

  • 欠航の 続く空港 寒もどる

    喜司子

  • 仲直り 口の解れる 菜花漬

    り子

  • うがいして 孫の世話うけ 春の風邪

    てい

  • 旅心 誘ふ弥生の 空碧し

    日出子

  • 猫柳 流れのままの 橋の下

    光子

  • 春うらら 窓辺に寄りて 爪を切る

    宣男

  • 轟々と 川底浚う 雪の果

    榮子

平成30年3月の句

  • 束の間の 栄華の宴 雪の像

    喜司子

  • 古希過ぎて 雛の宴や ほのぼのと

    り子

  • 雛菓子の 緋色を飾り 慈しむ

    てい

  • 吹雪く夜の 祈りむなしく 暗闇に

    日出子

  • 春侍や 一樹のやどり木 重なりし

    光子

  • 紅の裳裾 艶めく ひな人形

    宣男

  • 存らえて 行きつ戻りつ 春時雨

    榮子

平成30年2月の句

  • 竹林に すっぽりかぶる 冬帽子

    京子

  • 冬の月 たゞ 煌々と 森の上

    喜司子

  • 寒空や 愛犬誘い 息はづむ

    り子

  • 冴ゆる夜に 空に一つの 星光る

    てい

  • 立春の 風入れラジオ 体操す

    日出子

  • 峠越へ 遠目に二頭 冬の鹿

    光子

  • ひと搗きが 腰に重たし 餅搗き会

    宣男

  • 村民と なりて冬帝 居座れり

    栄子

平成30年1月の句

  • 行く年の 硯と筆を 揃えけり

    喜司子

  • 雪原の 足跡アート 北狐

    り子

  • 朝の駅 すがしさ保つ 福寿草

    てい

  • 繭玉の 賑やかに垂れ 静もる夜

    日出子

  • 山間の 闇の奥より 虎落笛

    光子

  • シャンシャンと 明るく締めて 年送る

    宣男

  • 里山へ 御一行様 寒雀

    栄子

平成29年12月の句

  • 冷ゆる夜は 大白鳥に 抱かれたし

    喜司子

  • 冬支度 箪笥のせいり 遅れがち

    京子

  • 珈琲を おいしく飲める 冬に入り

    てい

  • なまけ癖 気を引締めて 賀状書く

    日出子

  • クリスマス リースに願ふ 和の暮し

    光子

  • 冬探し 人生ちょぼちょぼ 八十年

    宣男

  • 北風や 夜更けと共に 哭きはじむ

    栄子

平成29年11月の句

  • 風に舞ひ 川面に流る 紅葉かな

    喜司子

  • 七五三 児の手に余る 千歳飴

    てい

  • ほどのよき 脂のりたる 秋刀魚かな

    日出子

  • 風邪癒へし 枯葉からませ 踏むペダル

    光子

  • 不漁響き 秋刀魚小振りの 味覚祭

    宣男

  • 里山の 漆紅葉の 燃ゆる如

    栄子

平成29年10月の句

  • 秋茄子の小さけれども深き紺

    喜司子

  • 雨上がり溜り水面にうつる月

    杉義

  • 稲妻の鋭く走る夜も眠り

    てい

  • 幾度も無月の窓に佇ずめり

    日出子

  • 湯の宿へ酌み合ふ同期吾亦紅

    光子

  • 秋日和洞爺湖ぐるり完歩証

    宣男

  • 見わたすかぎりきらきらきらと朝の露

    栄子

平成29年9月の句

  • 歳時記を 捲るよろこび 秋の夜

    喜司子

  • この夏は 北国さえも 三十度

    杉義

  • 参道や 読経静かに 秋彼岸

    てい

  • 唐黍の 皮むき皆が 競うごと

    日出子

  • 村まつり 大人の声も あふれけり

    光子

  • あとひと掻き 孫に見栄張り バタフライ

    宣男

  • 懸命に のぼる朝顔 なげ育ち

    栄子

平成29年8月の句

  • 風吹けば 母の匂ひの ライラック

    喜司子

  • 炎天下 負けじと 咲きし百合の花

    杉義

  • ふるさとの 季節の出はじめ 青りんご

    てい

  • 帰郷する 師に感謝の 扇かな

    日出子

  • 夏休み 声の冴す 山の朝

    光子

  • 大の字に なって寝ている 夏座敷

    京子

  • ビニハウス はち切れそうに 熟れトマト

    宣男

  • 忽と出る 草かき分けて ジキタリス

    栄子

平成29年7月の句

  • 囀や 世俗の音を かき消せり

    喜司子

  • 万緑や 遠目の山野 盛り上がり

    光子

  • 白牡丹 咲かせて ホーム明るくす

    日出子

  • 思いっきり 雨雲蹴って 五月晴

    栄子

  • 桜桃の 艶あり美味に 笑みの顔

    てい

  • 風凍る 夏山裾に 友は逝く

    宣男

平成29年6月の句

  • はなむけは 無事であれよと 雁帰る

    喜司子

  • 三色に 傾斜地染めし 芝桜

    日出子

  • 夕端居 昔語りに 刻がすぎ

    てい

  • 芝桜 にわか雨にて 冴えて咲く

    和雄

  • 新緑の 香りよせくる 夜明けかな

    京子

  • 媼1人 桜薬の降る 湯への道

    宣男

平成29年5月の句

  • 天窓に 淡く懸かるや 春の月

    喜司子

  • 母の日の ありて母への 思いかな

    京子

  • にょきにょきと 命の芽ばえ 水芭蕉

    宣男

  • 一雨の 後の輝き さくら道

    日出子

  • 残雪や 美笛峠の 風やさしい

    てい

  • 天を指す 黄金の光 福寿草

    杉義

平成29年4月の句

  • 春の海 えくぼのやうな 渦一つ

    喜司子

  • 春場所や 涙の賜杯 新横綱

    宣男

  • 春雪に 今日の予定 狂わさる

    日出子

  • 風船や なびいて空に 消えてゆく

    てい

  • 渡り鳥 夕日に戻る 北の空

    杉義





Copyright © 社会福祉法人 幸清会 All Rights Reserved.